浮腫(ふしゅ)、むくみ(浮腫み)

浮腫(ふしゅ)とは、顔や手足などの末端が体内の水分により、痛みを伴わない形で腫れることをさすそうで、むくみ(浮腫み)ともいわれます。病気の症候(患者の示す様々な訴えや診察所見)の一つです。

原因は、細胞組織の液体(細胞間質液)と血液の圧力バランスが崩れることから細胞組織に水分が溜まると浮腫となります。

浮腫はさまざまな内臓疾患のシグナルともなっているので、一時的な症候(むくみ)だと放置せず診察を受けてみることが望ましいようです。

局所性浮腫(心臓・腎臓・肝臓・甲状腺の異常、血管・リンパ系の循環障害、悪性腫瘍など)の原因には深部静脈血栓症等があります。

治療としては、ナトリウムの制限、水の制限、利尿剤の投与などがおこなわれています。

出典: ウィキペディア

インフルエンザ流行 対策に加湿器が有効 http://kasitukiinhuruenza.seesaa.net/
タグ:むくみ
posted by 足のむくみ,病名,治療法 at 22:59 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。